秋の日焼け対策出来ていますか?美白ケアは秋こそ重要!シミ・シワを寄せ付けないで‼️

未分類

こんにちは、『神戸 BEAUTY SALON』です。
ご訪問頂きありがとうごじます。

暑かった夏はどこへやら、朝晩めっきり寒くなりましたね。強い太陽の日差しが和らいで、なんとなく日焼け対策がおろそかになりつつあったりしませんか?春夏以外はついつい手を抜きがちになる日焼け対策、秋には秋ならではの日焼け事情があることをご存知でしょうか?そして、美白は秋のケアで大きく差がつくのです!!
これ、そばかすっ子の私はもっと早くに知っておきたかった ;  ;

なぜ秋も手を抜かない日焼け対策が大事なのか!

それはお肌のハリ低下・シワの原因になると言われているUV-Aが、夏に比べて秋の方が多いからなんです。夏が終わったからといって紫外線を甘く見ないで下さいね!美白ケア・エイジングケアには年中日焼け止めを塗るなどの対策が必要なのです!

その上、特に気をつけたいのはお肌の乾燥です。
乾燥が気になり始める秋に、乾燥で痛んだお肌に紫外線を浴びてしまうと、乾燥が深刻化したり、ターンオーバーが延長しシミが出来やすい・悪化しやすいお肌になてしまうのです。乾燥が強くなる秋から冬にかけては保湿力の高い物を取り入れて、日々の保湿ケアを十分心がけて下さい!

そして、とっても大切な秋の美白ケア、それはお肌のターンオーバーにあります!

ターンオーバーとはお肌の生まれ変わりのことで、だいたい健康なお肌で4週間のサイクルで行われています。
紫外線は、お肌にダメージを与えメラニン色素を作ります。それがすぐにシミになってお肌に現れるのではなく、ターンオーバーによって徐々に押し上げられていきます。ターンオーバーによって排出されなかったのもがシミとなってしまうのです。夏に浴びた紫外線によって、夏が終わった頃から秋にかけてシミが出来てしまうのです。
そこで、秋にはメラニン色素を作り出しているお肌の深層部を鎮めて、シミをお肌表面に定着させないための積極的なケアが必要になります。

積極的な美白ケアとは!

夏の間は紫外線のダメージでお肌の角質層が厚くなりがちです。ざらつきやごわつきをなくし、メラニンの排出を促進し、保湿成分が浸透しやすくすることが大事です。
パックは汚れや余分な角層を取り除き、きめ細やかな透明感のあるお肌に導きく効果があります。
フェイスマッサージは新陳代謝・血行を高め、ターンオーバーを促進させる効果があります。

そして何と言ってもとにかく保湿。シミ・シワを悪化させないためにも必須です。保湿成分や美白成分の高いローションや美容液を、角層のすみずみまで潤いが満たせるようたっぷり使用しましょう。

日焼け対策も怠らないことです!紫外線からお肌を守り、乾燥・シミ・シワを寄せ付けないこと‼️秋でも冬でも日焼け止クリームで紫外線をしっかりカットして下さい!

外側からのケアは重要ですが、体内の内側からケアも効果的です!

紫外線によるダメージを受けたお肌のケアに最適な秋の食材は「さつまいも」です!りんごの7倍も多く含まれているビタミンC、お肌への効果は沢山ありますが、中でもメラニンの沈着を抑え、出来てしまったメラニンを薄くする効果があります。また、旬の時期はβカロチンが多く、強い抗酸化作用があり、日焼けには優れた効果があります。豊富なビタミンEはお肌のターンオーバーを促します。皮にも抗酸化作用が豊富で、活性酸素から保護してくれます。グロロゲン酸もシミ予防効果があることがわかっています。
「くり」も◎!ビタミンCが豊富です。渋皮に含まれているタンニン(ポリフェノールの一種)が抗酸化作用、殺菌作用を持ち合わせており、活性酸素を抑えメラニン細胞への刺激を減らし、シミ生成を抑えてくれます。また、皮膚を引き締め、毛穴を目立ちにくくし、殺菌作用でニキビを抑えます。
秋の美肌ケアの最強の味方になります!

夏のダメージを一刻も早くリセットして、しっかり紫外線対策をして、美肌を大切にして下さいね!

お読み頂きありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました