健康、美肌には腸内フローラを整える事がとっても大切です!

快便ですか!?

腸内細菌のバランスがよい時、小腸では食べたものから栄養素や水分をしっかり吸収し、残りカスが大腸へと送られ、やがて便となり排出されます。しかし腸内環境が悪くなってくる=悪玉菌が優勢な時は、大腸で便が滞るようになります。これが便秘です。

腸内細菌は便秘だけでなく、肌荒れや肥満、糖尿病、大腸がん、動脈硬化症、炎症性腸疾患などの疾患と密接な関係があると言われています。
なので、腸内の細菌叢(腸内フローラ)を整える事が健康・美肌維持にとっても大事になります!

悪玉菌はタンパク質や脂質が中心の食事・不規則な生活・各種ストレス・便秘などが原因で腸内に増えてきます。

健康的な腸は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢である状態!

善玉菌は乳酸や酢酸などを作り、腸内を酸性にすることによって、悪玉菌の増殖を抑えて腸の運動を活発にし、食中毒菌や病原菌による感染の予防や、発がん性をもつ腐敗産物の産生を抑制する腸内環境を作ります。
また善玉菌は腸内でビタミン(B1・B2・B6・B12・K・ニコチン酸・葉酸)を産生します。
さらに免疫力を高め、血清コレステロールを低下させ、美肌効果も報告されています。

腸内の善玉菌の割合を増やす方法は、2つ!

まず一つめは、
健康に有用な作用をもたらす生きた善玉菌を直接摂取する方法です。
食品ではヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含むものです。ただ、これらの菌は腸内にある程度の期間は存在しても、住み着くことはないとされています。なので、毎日続けて摂取し、腸に補充することが勧められています。

二つめは、
腸内にもともと存在する善玉菌を増やす作用のあるものを摂取する方法です。
食品成分としてはオリゴ糖や食物繊維で、これらの成分は野菜類・果物類・豆類などに多く含まれています。消化・吸収されることなく大腸まで届き、腸内にもともと存在する善玉菌に、好きな炭水化物の「エサ」を優先的に与えて、数を増やすという考えです。オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれているので、これらの食材を上手に食事に取り入れると良いです。

手軽に効率的に摂取するには青汁がオススメです!

腸内の健康状態を知るには!?

腸内細菌が健康的な好ましい状態であるかどうかを知るもっとも簡単な方法は、便を観察することです。
善玉菌がたくさん酸を作っていると、色は黄色から黄色がかった褐色で、においがあっても臭くなく、形状は柔らかいバナナ状が理想です。
逆に黒っぽい色で悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっている状態です。健康・美肌づくりに腸内細菌の状態を良く知ることが大切です。

外側からだけでなく、中からも綺麗を作っていきましょう!

さあ、今日から”宝健青汁 桑の奏”で健康・美肌生活始めて下さい!!
https://kobebeauty.online/?page_id=406

宝健青汁 桑の奏お申し込みフォームQRコード


コメント

タイトルとURLをコピーしました